×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

口角炎

sponsored link

ビタミンは大事!

口角炎の原因でビタミン不足が一番多い原因と言われています。

 

 

ビタミン補給が早期治療のカギとなります。

 

 

ビタミンと言っても様々な種類がありますから、
ここでは各ビタミンの効用についてご紹介致します。

 

 

  • ビタミンB2→炎症を抑え、粘膜を保護します。水溶性で体内に蓄積できない為、毎日摂る必要があります。食品で言うと、レバー、ヒラメ、納豆、牛乳、アーモンド等。
  • ビタミンB6→粘膜の強化に関わり、炎症を抑えます。
  • ビタミンC→炎症や傷を治す作用があります。柑橘系の果物、ブロッコリー、ピーマン等の緑黄色野菜。
  • ビタミンA→細菌に対する抵抗力を強化し、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。食品で言うと、カボチャ、ほうれん草、ニンジン等。

 

 

これらのビタミンは相互作用があるので上手く組み合わせて摂取しましょう。

 

 

今後口角炎を繰り返さない為にも、ビタミンAの摂取は重要です。

 

 

口角炎になっている状態では、食事をするのもつらい状態ですので、
サプリ等で対応するのが好ましいといえます。

 

 

ビタミン剤は美容と健康の様々な場面で発売されていますので、
自分の状態と照らし合わせて服用してみましょう。

 

 

  • 口角炎初期の状態ではビタミンB2を、
  • 炎症がひどい場合はビタミンCを、
  • 予防するときにはビタミンAを、

等その時々によって摂取するビタミンを使い分けるのもいいでしょう。

 

 

ちなみに、口角炎は皮膚科、耳鼻科、口膣外科などの病院へ行けば
治療してもらえます。

 

 

治療としてはビタミン剤と、軟膏がメインです。

 

 

いずれの場合にしても、ビタミンは人間が生活を行う上で最も需要なので
この知識は持っていて損はないでしょう。

sponsored link